リスティング広告

日本でシェアが高いYahoo!JAPANGoogle等の大手検索エンジンに広告を掲載できるサービスです

Yahoo! JAPANのリスティング広告サービスは「Yahoo! プロモーション広告」といい、Googleのリスティング広告サービスは「Google Adwords」といいます。 上記のように、検索結果ページの決まった部分(赤枠内)に、「タイトル」「説明文」「URL」からなるテキスト広告が表示されます。 当社では、検索されたキーワードや表示している情報に連動した広告で見込み客にピンポイントで、かつ低コストでアプローチすることができます。

SNS広告

Facebook、Twitter、Instagram等(SNS)に表示できる広告です。各SNSによってターゲットできる層が異なります。

Facebook・Instagram広告

主に30~40代に強いと言われている広告メディアですが、比較的広範囲のターゲットをカバーしています。 最も特長的なのは「ターゲティング(性別、年齢、興味関心、等)の精度が高い」点です。 実在する人物を起点としたターゲティング条件のため、特にデモグラフィックデータ(年齢、性別、など)の精度の高さは他のメディアと比較しても優れている。

Twitter広告

Facebookに比べて若年層が多く、特に10~20代の割合は多い傾向の広告メディアです。 最大の特長は、他のメディアはではターゲティングできないような特長的な興味関心や ニッチなニーズを持ったユーザーへリーチできることです。 何気なく"つぶやいた"キーワードに応じて広告を表示することもできるため、 リスティング広告と比べてもまた違ったニーズのユーザーへの広告露出が可能です。 「つぶやく」というゆるやかな行為と「調べる」という具体的な行為の違いにあるユーザーのインサイトを見極めることができれば、今までとは違った広告プランニングが実現できる可能性があります。

ディスプレイ広告

簡単な言い方をすると、サイト上に掲載される広告の事です。

Yahoo!やGoogleなど、媒体によって広告が配信されるサイトが異なります。 もともとは、サイト上の広告枠にテキストやバナーを掲載出来ると言うだけでしたが、最近では、配信対象のセグメントが細かく設定できたり、対応フォーマットが多様化した事でFlashを使った動画バナー広告の配信が出来たりと、出来る事がどんどん増えてきています。 最も大枠の違いとしては、リスティング広告は「今すぐ客」、ディスプレイ広告は「見込み客」と言うイメージで、広告を配信するユーザーが違います。

リスティング広告は、ユーザーが今まさに検索しているキーワードに対して広告を配信する為、ニーズが顕在的で成果に結び付きやすいですが、獲得出来るキーワードを網羅すると頭打ちになり易く、ディスプレイ広告に比べてリーチ出来るユーザー層が限られています。 ディスプレイ広告は、検索していないユーザーに閲覧サイト上で接触する為、ニーズが潜在的で直接コンバージョンに結び付きにくいですが、リスティング広告では接触できない潜在的ユーザー層に接触できる為、より広い層にリーチを広げられます。

お問い合わせ

  • 株式会社マスタープログレス

    〒107-0062

    東京都港区南青山6-8-18 P's南青山ビルディング4F

  • 0120-803-843
  • info@master-progress.co.jp

株式会社マスタープログレスは
プライバシーマークを取得しています。

お問合せ項目【必須】

資料請求  お問合せ

個人情報について【必須】

「ホームページ上での個人情報の取り扱いについて」に同意をお願いいたします。
【ご登録される情報は、暗号化された通信(SSL)で保護されています。】

ホームページ上での個人情報の取り扱いについて

<利用目的>

・このお問い合わせフォームでご提供いただく個人情報は、
お問い合わせに適切に対応し管理するために利用します。

<第三者提供>

・法令に基づく場合を除いて、ご本人様の同意なく当個人情報を第三者に提供することは
ありません。

<委託>

・当個人情報の取扱いを委託することがありますが、委託にあたっては、委託先における
個人情報の安全管理が図られるよう、委託先に対する必要かつ適切な監督を行います。

<開示等のお求め>

・当個人情報の利用目的の通知、開示、内容の訂正・追加または削除、利用の停止・消去
および第三者への提供の停止(「開示等」といいます。)を受け付けております。
開示等の求めは、以下の「個人情報苦情及び相談窓口」で受け付けます。

<個人情報をご入力するにあたっての注意事項>

・任意項目の情報のご提供がない場合、最適なご回答ができない場合があります。

<ご本人が容易に認識できない方法による個人情報の取得>

・当ホームページではご利用状況の統計調査のためクッキー等を用いておりますが、
これによる個人情報の取得、利用は行っておりません。

<個人情報保護管理者>

株式会社マスタープログレス
代表取締役社長 岡本 紘幸

<個人情報苦情及び相談窓口>

株式会社マスタープログレス
個人情報苦情相談窓口
TEL:03-6418-1052
メール:info@master-progress.co.jp